映画「セッション」 -楽器は友達じゃないのかよ!

 

 

 

 

三日坊主もいいところで、一か月ほど放置しておりました。
放置した時の言い訳になるように、とブログタイトルをつけた過去の自分グッジョブ。
君の予想通り速攻でサボりましたよ。

 

 

さて、最近観た映画の話をします。

「セッション」です。

(ネタバレありません)

 

あらすじ(公式サイトより)

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。
ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。
だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。
恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

 

私は少し吹奏楽をかじっているんですが、同じく吹奏楽を嗜んでる先輩から教えてもらいました。

 

いやー……後味悪いね!!

 

観た後からなんかずっとモヤモヤしてて、なんやねんこれって思ってたんですけど、あれだ、楽器を粗末に扱ってる人を見た時の気分です。

楽器で人を殴ってるのを見せられた感じ。

 

ストイックな描写はいいです。

鬼教官が合奏室に入って来た瞬間に空気が張り詰める感じとか、すごくリアルで懐かしく感じました。

監督が音楽経験者ということで、その経験に基づいてるんだと思います。

そういう細かい演出にはグッときました。

練習のし過ぎで流血するシーンも、痛々しいけど、まあそういう演出なんだろうな、と。

 

そういう物理的なところではなくて、演奏してる主人公が全然楽しそうじゃないんですね。

主人公は音楽を名声を得るための手段としか見てなくて、主人公をシゴく鬼教官の音楽哲学にも、音楽への愛が感じられなくて。

うわっ……こんなん音楽じゃねえよ、みたいな。

 

あと、全編通してずっと暗い。重い。

音楽なのに。

ぜんっっぜん、「音」を「楽」しんでない!

 

ネットでこの映画の評判を検索したら、音楽関係者から酷評されてるのを見つけました。

正直納得します。

音楽って楽しいもののはずなのに……なのになんでこんな扱いに……って、納得いかない気持ちになるんです。

 

ただ、この映画を嫌いかと言うと、そうでもないんですね。

 

まず、脚本がよくできてます。

少ない登場人物でうまく話が展開してまとまっているし、予算が少ない中で作った映画らしいですが、チープさはありません。

当然、音楽がめちゃくちゃかっこいいです。

ラスト10分は本当にゾクゾクします。

 

そして何より鬼教官役のJ・K・シモンズの演技力、あの気迫。

気さくに話しかけたり、教え子の死を悼んだりするシーンもありますが、それが余計に鬼教官のキチガイじみたスパルタ指導の異常さを強調します。

罵詈雑言のマシンガントーク、ビンタ連発、椅子が飛ぶ合奏室マジ怖ぇ……。

そんなシゴキに食らいつく主人公の狂気じみた演技にも惹きつけられます。

鬼教官にシゴかれながら、主人公もどんどん傲慢になっていきますが、それが自然で、恐ろしい。

この2人の演技力あってこその完成度だと思います。

 

私は映画を観る時に重視するのが脚本と役者の演技力なんですが、そこが充実してるので、総合的に見て、人にオススメできる映画だなと思います。

 

ちなみにこの映画を教えてくれた先輩に、

「セッション観ましたよ。後味悪いですね!」

と話したら、

「やろ?敢えて黙ってた(笑)」

と、ニヤリとされました。

やられた!笑

 

さらにちなみに、岡田(仮)の感想は、

「音楽版のロッキーを観たような感覚。音楽で殴り合ってる感じが興奮した」

とのこと。

岡田(仮)の音楽経験は学校のリコーダー程度なのでそういう感想になるのかなーと思うと、それもまた面白かったです。

 

今月下旬公開の同監督の「ラ・ラ・ランド」がとても評判が良いみたいで、今から楽しみにしてます!

 

矢澤の完敗

唐突ですが、私の交際相手は職場の人です。

いわゆる社内恋愛です。

うちの会社は社内恋愛、社内結婚が多いこともあって、私の交際もオープンになってます。

 

今さらですが、本当はこのブログにあまり交際相手絡みのネタを書くつもりはなかったんです。

が、ふと書きたくなったことが、この前提を必要とする内容だったので仕方ありません。

挫折が早いですが、それでこそハードルが下がるというものです。

 

さて、この前交際相手(以下「岡田(仮)」)と話していた時に、こんな会話をしていました。

 

矢澤「清楚で真面目そうな女の子がどエロい下着つけてたら興奮するよな」

岡田「それはあるな。まあ矢澤がつけててもあんま意外じゃないけど」

 

これは聞き捨てなりません。

確かに、私は岡田(仮)の前ではすぐに下ネタを連発しますが、普段は下ネタ厳禁の清楚派としてカマトトぶっています。

それが、あろうことか「どエロい下着をつけてても意外じゃない女」扱いをされたら、黙っちゃおれません。

 

しかし、聞き間違いの可能性もあるので、私は聞き直しました。

 

矢澤「え?嘘やろ?」

岡田「え?同期女子(4人)の中で一番意外じゃないで」

 

聞き間違いではありませんでした…。

 

その日はイマイチ自分の中で消化しきれないまま帰宅。

モヤモヤを残しつつ、なんとなく強く否定もしきれないまま就寝しました。

 

そして数日後、職場から家に帰る途中にぼんやりと考え事をしている時にふとこのことを思い出し、同期女子4人に脳内でどエロい下着を着せてみました。

 

※なお筆者の想像力の乏しさでは、この程度の脳内イメージが限界でした。

f:id:yzw_bk:20170107140302j:image

(これ、サムネイル表示されるのか…と思いながらネットから拝借してまいりました)

 

するとどうでしょう。

確かに〜〜〜!!!!

確かに私が一番しっくりくる。

 

矢澤完敗です。

 

清楚系にはなれそうにない矢澤がお送りしました。

あけましてはじめまして

あけましておめでとうございます。矢澤べ子です。

初めましての記事なので、簡単に自己紹介させてもらいます。

 

氏名:矢澤べ子(やざわべこ)

性別:女

年齢:妙齢

性格:悪い

 

不本意ながら俗世で働いていますが、夢はでっかく高等遊民です。

近畿某所に住んでいて、日本語と関西弁のバイリンガルです。

 

好きなものはaikoとコリンファースとチョコレート、あとチキン南蛮

これがね、すごく好きなんですね。

 

⚪︎aikoについて

出会いはグリコカフェオーレのCMで、曲はアンドロメダでした(交差点に君が立って〜い〜て〜も〜もう今は見つけられないかも〜し〜れ〜な〜い〜)。

最後に「ほっといてー」って言うのがめっちゃ可愛いので、ぜひググってみてね!

それくらいからずっと好きなので、かれこれ10年以上。

もうね、超好き。10年以上聴き続けてるからもうどこが好きとかよくわかんないくらい好き。

aikoお金ないの?衣装買えないの?」とか「aikoって何歳?41??41にもなってまだ恋とか愛とか歌ってんの??」とか「aikoのライブグッズって狂気じみてるよね」とか言われてもね、好き。

マイベスト作らせたら、30曲くらいに絞った後、それ以上曲を減らせなくて泣き出します。

 

⚪︎コリンファースについて

私はここ1〜2年くらいで目覚めたにわか映画好きなんですが、そのきっかけはコリンファースと言っても過言ではありません。

もともと「英国王のスピーチ」という映画(アカデミー受賞作)が好きで、その主演俳優が出るということで気になり、昨年「キングスマン」を観に行きました。

無事死亡(コリンファースがかっこよすぎて)。

そこから「ラブアクチュアリー」「シングルマン」「裏切りのサーカス」「モネゲーム」などなど観て、無事沼落ち。

今ではコリンファースが画面に映っただけで大発狂する淑女に成長しました。

 

⚪︎チョコレートとチキン南蛮について

美味い。

 

リアルでは保守的で自分のキャラクターを守りたがるタイプなので、

・守らない

・無理しない

・死なない

略して「マムシ」を目標にしたいです。

 

よろしくお願いします!