矢澤の完敗

唐突ですが、私の交際相手は職場の人です。

いわゆる社内恋愛です。

うちの会社は社内恋愛、社内結婚が多いこともあって、私の交際もオープンになってます。

 

今さらですが、本当はこのブログにあまり交際相手絡みのネタを書くつもりはなかったんです。

が、ふと書きたくなったことが、この前提を必要とする内容だったので仕方ありません。

挫折が早いですが、それでこそハードルが下がるというものです。

 

さて、この前交際相手(以下「岡田(仮)」)と話していた時に、こんな会話をしていました。

 

矢澤「清楚で真面目そうな女の子がどエロい下着つけてたら興奮するよな」

岡田「それはあるな。まあ矢澤がつけててもあんま意外じゃないけど」

 

これは聞き捨てなりません。

確かに、私は岡田(仮)の前ではすぐに下ネタを連発しますが、普段は下ネタ厳禁の清楚派としてカマトトぶっています。

それが、あろうことか「どエロい下着をつけてても意外じゃない女」扱いをされたら、黙っちゃおれません。

 

しかし、聞き間違いの可能性もあるので、私は聞き直しました。

 

矢澤「え?嘘やろ?」

岡田「え?同期女子(4人)の中で一番意外じゃないで」

 

聞き間違いではありませんでした…。

 

その日はイマイチ自分の中で消化しきれないまま帰宅。

モヤモヤを残しつつ、なんとなく強く否定もしきれないまま就寝しました。

 

そして数日後、職場から家に帰る途中にぼんやりと考え事をしている時にふとこのことを思い出し、同期女子4人に脳内でどエロい下着を着せてみました。

 

※なお筆者の想像力の乏しさでは、この程度の脳内イメージが限界でした。

f:id:yzw_bk:20170107140302j:image

(これ、サムネイル表示されるのか…と思いながらネットから拝借してまいりました)

 

するとどうでしょう。

確かに〜〜〜!!!!

確かに私が一番しっくりくる。

 

矢澤完敗です。

 

清楚系にはなれそうにない矢澤がお送りしました。